馬油が効く?超乾燥肌

MENU

超乾燥肌だったとしても、馬油は効果的なの??

乾燥肌馬油

 

最近、スキンケアに「馬油」を使う人が増えています。
馬油自体は昔から火傷や傷など皮膚の怪我の治療薬として愛用されてきましたが、超乾燥肌の方にこそ適したアイテムです。

 

まず、高い浸透力と水分保持力を持っていて、肌の保湿に役立ちます。
肌に水分が残った状態で馬油を薄く延ばすようになじませると、肌についた水分が蒸発しません。
その後に使う化粧水までしっかり肌になじませてくれます。

 

馬油は血行促進の効果も

血行が良くなる事で新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーが加速される事を考えると、これも乾燥肌の人にとっていいことではないでしょうか。
しかし、最大の魅力は、安心して使えることではないでしょうか。

 

馬油は人間の皮脂に非常に近い成分を持っていますし、口に入れても無害です。

 

そもそも昔から塗り薬として愛用されてきたという事は、肌に塗ってもトラブルが起きないと言う事です。
超乾燥肌の人は敏感肌に近い状態です。
セラミドなどがしっかり配合されている基礎化粧品が一番良いのですが、コスト的に難しい場合は、いつでも安心して使える馬油は心強い味方と言えそうです。

 

私も乾燥肌と敏感肌で悩んでいて、冬の間ずっと肌の粉吹きと赤み、かゆみがあったのですが、ネットの口コミで馬油の効果を知って、早速使ってみることにしました。
お風呂上り、まだ水分が残っている肌に薄くなじませ、その後化粧水とシートマスク、クリーム…これを毎日続けたところ、数日で肌の粉吹きが無くなりました。

 

気を良くしてさらに使い続けていると、ステロイド剤を塗らないと眠れず、それでも掻きむしっていた頬のかゆみが大分落ち着いてきて、ひと月からふた月経った頃、ふと気付いて鏡を見ると、掻きむしりによる頬の赤みがかなり薄くなっていました。
肌の調子が良くなってきた頃、時々馬油を塗り忘れることがあったのですが、塗らなくなった途端肌が乾燥すると言う事も無かったので、粉吹き解消など目に見える効果だけでなく、肌内部から乾燥肌が改善されている効果を感じました。

 

「お婆ちゃんが持っているイメージ」「馬油だけに何だか臭いそう…」と、古めかしいイメージの馬油。
使ってみようか悩んでいる人は是非、一度お試しください!