メイク落としの選び方!界面活性剤が怖い女性必見

MENU

界面活性剤の使用が怖い女性必見!肌にやさしい化粧品選びのコツ

界面活性剤

 

よく悪いといわれている界面活性剤は、使い続けていると体に悪いといわざるをえません。

 

「界面活性剤は悪い物だから使うのは止めましょう!!」
という方もいますが、化粧をする以上は、界面活性剤を使わないと落ちないので、使わないわけにはいきません。

 

だからこそ、界面活性剤が入っているメイク落としの中でも、肌に負担の少ないものを選ぶのが大事なんです!!

 

要注意!!肌に負担の多いメイク落とし

 

  • オイルクレンジング
  • ジェルタイプ

 

特にオイルタイプの「オイルクレンジング」は、界面活性剤が多く入っているケースが多いので要注意です。
肌が弱い方などがこれを使用するのは、あまりオススメできません。

 

また、油分が入っていないジェルタイプも、アルコールのような成分が入っているケースが多いので注意です。

 

個人的な意見としては、肌が弱い人、強い人どちらでも、メイク落としは敏感肌用のタイプを選ぶことをおすすめします。
基礎化粧品の中でも、メイク落としは一番肌に負担をかけてしまうものだからです。

 

一番肌に負担が少ないのは、「クリームタイプ」「乳液タイプ」です。
肌が弱い方、乾燥肌、敏感肌の方は、このタイプを選ぶと良い感じになると思います。
ぜひ試してみてください。


必読!旅行中のメイク落とし選びはココが要注意!

 

肌が強い人であっても、「クリームタイプ」か「乳液タイプ」のメイク落としを選ぶと良い!
ということはお話しました。
肌への負担が少なくて済むので安心だからです。

 

旅行中はさっと落とせる、「ふき取りタイプのメイク落とし」を選ぶことが多いと思いますが
このタイプのメイク落としは非常に肌への負担が大きいので、あまりおすすめできません。

 

特にウェットティッシュ状になっている対応のメイク落としは、防カビ材が含まれていたりするので肌への刺激は強いです。
肌が強い人でも、できるだけこのタイプは避けたほうが良いのですが、特に敏感肌の女性の方が注意したい点ですね。

 

ふき取りタイプや、ウェットティッシュ状のメイク落としを使う場合は、簡単に化粧をふき取りたい場合に限定しておくとよいです。

 

また、オイルタイプのメイク落としや、ジェルタイプのメイク落としも肌に負担をかけることが多いのでこちらも注意が必要です。
特にオイルタイプのメイク落としは、界面活性剤が多く入っているので、成分などを良く見てから選ぶようにしましょう。

 

まとめ

肌が強い人でも「クリームタイプ」か「乳液タイプ」がおすすめ!
さっとふき取れるタイプのクレンジングは、肌への刺激が強いです。
オイルクレンジングは界面活性剤が多い!ので注意!